身長

【集大成】成長期過ぎても身長を伸ばす方法総まとめ|1センチUP!身長があればモテる!

【集大成】成長期過ぎても身長を伸ばす方法総まとめ|1センチUP!

この記事を最後まで読めば、身長を1センチもしくはそれ以上伸ばせる事を保障しましす!

10代や20代のそこのあなた!成長期が止まったからといって諦めていませんか!?

実は、成長期が過ぎたとしても、身長を伸ばせる方法やノウハウはたくさんあります。

疑問者
・身長が小さいと恋愛やスタイルにおいて不利だから、けっこうコンプレックスなんだよね。身長が高ければ、スタイルが良くなり、見た目もよくなるし、スポーツなどでも有利で良いことばっかり!

・成長期過ぎた人でも、少しでも良いから身長を伸ばせる方法があったら知りたい!

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容はこんな感じです

  • 必ず3原則は守る(睡眠・栄養・適度な運動)
  • 身長を伸ばす方法【筋トレ編】
  • 身長を伸ばす方法【ストレッチ編】
  • 身長を伸ばす方法【立ち方・歩き方・座り方編】
  • 身長を伸ばす方法【サプリメント編】
  • 身長を伸ばす方法【アイテム・器具編】
  • 身長を伸ばす方法【O脚の人編】
  • 身長を伸ばす方法【猫背の人編】
  • 身長を伸ばす方法【豆知識】
  • それでも伸びないかたへ

この記事を書いている管理人の僕は、18歳の頃に成長期が止まり、169センチでした。

しかし、170センチは絶対欲しい!と思い、今までの生活を見直し、身長を伸ばすための方法や知識をしり、実践してみた結果、2センチ伸びて、171センチまで伸ばすことができました。

そこで今回は、僕が行ってきた方法や知識などを元に公開していきます。

身長が高い事による最大のメリットは、例え、顔に自信がなくても確実に女性からモテる事です。顔が良ければなおさらですが、女性が恋愛において、1番にみているところは外見です。その中でも身長は1番重要な要素になります。

 

文字数は2万文字で多いと思うので、保存しておいて後から続きを見るのも構いません。

また、自分の知りたい情報だけ読みたい方は、下の目次から好きな箇所に飛ぶことができます。

目次

成長期過ぎても身長を伸ばすための方法:『必ず3原則は守る』

身長を伸ばす3原則 1.睡眠 2.栄養 3.適度な運動

成長期の年代も成長期ではない年代の人も、身長を伸ばす上で重要な要素が3つあります。

それは、睡眠栄養適度な運動の3つです。

まずは、この3つは身長を伸ばす上での最低条件であり、土台となる要素なので絶対に怠ってはいけないのです。

それでは詳しく解説していきます。

原則① 質の高い睡眠をとる

睡眠を多くとらなければ、身長を伸ばすことができません。「良く寝る子は育つ」と言いますが、正にその通りです。

なぜ睡眠がそんなに重要なのかと言うと、「成長ホルモン」は寝ている間に多く分泌されるからです。

成長ホルモンが分泌される事により、身体の成長だけでなく、疲れがとれたり、ストレス解消や、組織の修復や老化の進行を抑制する効果もあるため、成長ホルモンを分泌させるための睡眠は大切です。

いつ頃寝れば良いかと言いますと特に、「成長ホルモン」が最も多く分泌される時間帯は、午後10時~午前2時の間と言われています。

この時間帯は。成長ホルモンが最大限に分泌されるので、できれば午後10時までには寝たいところです。しかし、「なかなか10時にはねれない」という人もいるかと思います。

そんな人たちは、以下の行動に心がけるようにしましょう!

睡眠の質を高める方法

なかなか寝れないという人は、日中の行動や夜寝る前の行動に問題があります。例えば、「昼寝をする」などです。昼寝をしてしまうと、夜寝れなくなり、睡眠の質が落ちてしまいます。これ以外にもいくつかあるので紹介します。

・できるだけ昼寝をしない

・寝る前は激しい運動をしない

・寝る前にケータイなどのブルーライトを浴びない

・熱いお風呂に入らない

・日中体を動かす

昼寝をしてしまうと夜寝れなくなってしまうので、我慢しましょう。夜寝る前に激しい運動をしてしまうのも寝れなくなってしまうので、控えましょう。

また、夜寝る前にケータイなどの画面を見て、ブルーライトを浴びてしまうと、眠りにつきにくくなるので寝る前に画面を見るのは控えましょう。

熱いお風呂に入る事もよくありません。その理由は、熱いお風呂に入った後に、身体の体温が上がり、なかなか眠りにつけなくなるからです。眠りにつきやすくなる体温に下がるまでの時間は1時間ほどなので、お風呂に入る時間帯を早めるなりしましょう。

日中に体を動かすことにより、身体に疲れがたまるので、夜眠りにつくのが早くなり、睡眠の質も上がるので日中体を動かすことも重要です。

寝る前のおすすめ行動

寝る前にどうしても、ケータイを見てしまいたい気持ちも分かりますが、寝れなくなってしまう恐れもあるので、ケータイはさけたい所です。

そのためにおすすめな行動があるので紹介します。

・読書をする

・リラックスできる音楽を聴く

読書をする事でストレスが軽減し、精神的にも安定して良く眠れるようになります。また補足として、寝る前に頭に入れた情報は、脳に定着し、記憶力も向上します。

激しい音楽はNGですが、クラシックのような歌詞のない曲を聴くことにより、リラックスでき、睡眠の質を上げることができます。

1番理想的なのは、日中運動して、疲れた状態で寝る事です。そうすればすぐに眠りにつけます。

原則② 成長に必要な栄養を摂取する

身長を伸ばす上で最も大切な要素は、栄養摂取です。

よくある間違えで、ただ多くご飯を食べれば背が伸びるという考えです。何も考えずに偏った食事をしても意味がありません。

そのためには、どんな栄養を摂取すれば身体の成長に繋がるのかを知る必要があります。

身長を伸ばすために必要な栄養素は、

カルシウムマグネシウムビタミンDたんぱく質亜鉛です。この5つは特に重要な栄養素になります。

それでは、それぞれの栄養素はどんな役割があり、どんな食品にその栄養素が多く含まれているのかを見ていきましょう。

どの食品にも言える事で、やはり1番は食品からの摂取をおすすめします。そして、食品からでは摂取できない栄養素があればサプリメントなどの栄養補助食品で補うようにしましょう。

カルシウム

カルシウムの役割は、体内にある骨や歯の99%はカルシウムで形成されています。また、カルシウムは、筋肉や神経の働きを正常化してくれる役割があります。カルシウムを摂取することで、骨が吸収し、骨を強くする事ができます。

また、若ければ若いほど骨への吸収率が上がります。そのため若ければ若いほど成長が早いというのも納得です。

次にカルシウムの1日の摂取量を見ていきましょう。

年齢 1日の推奨量 1日の摂取上限
18~29歳男性 800mg 2500mg
18~29歳女性 650mg 2500mg

身長を伸ばすためには、男性なら、最低でも800mgで女性は650mg摂取しなければなりません。またはそれ以上です。

大体、牛乳コップ1杯で200mlで、カルシウム量が200mgなので、男性の場合、コップ4配分です。とはいえ、カルシウムを多く含む食品はたくさんあるので、見ていきましょう。

カルシウムを多く含む食品

魚介類:エビ、かに、いわし、ちりめんじゃこ、わかさぎなど

乳製品:牛乳、チーズ、ヨーグルトなど

海藻:ひじき、わかめ

野菜:小松菜、大根の葉、チンゲン菜、ごまなど

これらの食品を毎回の食事で摂取するだけで1日のカルシウム摂取量は足りると思います。

できればカルシウムは食品から摂取したいところですが、忙しくてカルシウム量が足りないのであればサプリメントを併用しましょう。

関連記事:毎日骨太はガチで身長が伸びる!?【カルシウム量が多い牛乳紹介】

マグネシウム

骨の約60~65%はマグネシウムが含まれています。そのためカルシウムの次に、骨を形成する上で必須な栄養素でもあります。また、マグネシウムを摂取することで、骨の正常な代謝も維持することができ、体温や血圧も調整する事ができるので健康維持にも欠かせない栄養素です。

次にマグネシウムの1日の摂取量を見ていきましょう。

年齢 1日の推奨量 1日の摂取上限
18~29歳男性 340mg
18~29歳女性 270mg

マグネシウムは玄米や昆布などに多く含まれていますが、玄米だと茶碗に入れた量で、65mgほどです。これを3食食べると、約200mgになります。身長を伸ばしたいのであれば、マグネシウムも1日の推奨量を超えたいところです。

マグネシウムを多く含む食品

海藻類:のり、ひじき、わかめなど

大豆食品:豆腐、納豆

魚介類:エビ、いくら、牡蠣、あさりなど

その他:油揚げ、しいたけ、いも、トウモロコシなど

これらの食事をしていればマグネシウムの1日の推奨量を満たす事ができると思いますが、心配な方はサプリメントの併用をおすすめします。

ビタミンD

ビタミンDは日光に当たることで生成されます。ビタミンDは、骨の健康を保つ上で重要な役割をします。また、ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進てくれる役割があります。ビタミンDが不足してしまうと、免疫力が低下し、体調を崩してしまったり、感染症などになってしまうので、健康を維持するためにもビタミンDは欠かせません。また、骨や筋肉も弱くなり、成長を止めてしまう可能性もあるので注意しましょう。

次に、ビタミンDの1日の摂取量を見ていきましょう。

年齢 1日の推奨量 1日の摂取上限
18~29歳男性 5.5μg 100μg
18~29歳女性 5.5μg 100μg

ビタミンDは、青魚や椎茸に多く含まれています。補足ですが、生しいたけを日光に当てて、干し椎茸にすると、生椎茸の栄養素の10~30倍の栄養素に進化することができるので、干し椎茸1個で12μgになるので、良かったら試して見てください。

とはいえ、そんなにしいたけだけを食べてもしょうがないので、ビタミンDを多く含む食品を見ていきましょう。

ビタミンDを多く含む食品

魚介類:イワシの丸干し、カレイ、サンマ、しらす干し、サケ、ブリなど

キノコ類:干しシイタケ、キクラゲなど

特に青魚は、1尾、10μg以上あるのでかなり摂取できます。とはいえ、ビタミンDが足りないと思ったらサプリメントもあるので併用しましょう。

おすすめサプリメント

たんぱく質

たんぱく質は、筋肉や、肌、髪、爪、臓器などをエネルギー源になります。また、たんぱく質は、20種類のアミノ酸によって構成されていますが、その中の9種類の必須アミノ酸は、食事からしか摂取することができません。その他の11種類は、体内で作り出すことができます。また、たんぱく質が低下すると、肌や髪のトラブルや、筋肉量の減少に繋がったりするので健康維持に欠かせません。

次にたんぱく質の1日の摂取量を見ていきましょう。

年齢 1日の推奨量 1日の摂取上限
18~29男性 60
18~29女性 50

たんぱく質は色々な食材から摂取できますが、肉や魚に多く含まれています。例えば生ハムを100g摂取で、約24gのたんぱく質が摂取できるので、1日の推奨量は超えられると思います。しかし、身長を伸ばすには、推奨量を超えていかなければないので、たんぱく質が多く含まれている食品を知る必要があります。

たんぱく質が多く含まれている食品

肉類:生ハム、豚肉、牛肉、鶏肉、ささみ、ローストビーフ、ウインナーなど

魚介類:いわし、するめ、いくら、マグロ、するめ、かまぼこなど

卵類全般

乳製品:チーズ、牛乳、ヨーグルトなど

大豆製品:油揚げ、納豆、豆腐、がんもどき、こしあんなど

乳製品などには、たんぱく質だけでなく、カルシウムも多く含まれているので、乳製品を食べればどちらの栄養も摂取することができます。

毎日、肉などを多く食べるのはきついという人は、プロテインなどの栄養補助食品で摂取するのも良いかもしれません。

大人のプロテインだと、マイプロテインなどがおすすめです。その理由は、たんぱく質が多く含まれていて、1食に35グラム摂取できます。また、他のプロテインと比べたら値段も安く、コスパが良いからです。

おすすめプロテイン

 亜鉛

亜鉛は、身体の骨や皮膚、肝臓を生成するのに必須です。また、たんぱく質と亜鉛を一緒に摂取する事で、身体の新陳代謝が活性化されるので、身長を伸ばす上で重要な役割を果たしてくれます。

亜鉛が不足してしまうと、免疫力が低下し、風邪や感染症などの病気にもかかりやすくなるので、健康を維持する上でも亜鉛の摂取は重要です。

次にたんぱく質の1日の摂取量を見ていきましょう。

年齢 1日の推奨量 1日の摂取上限
18~29歳男性 10mg 40mg
18~29歳女性 8mg 35mg

亜鉛は食品からの摂取が難しく、亜鉛の成分が多く含まれている食品も限られていて、1日の推奨量すら、満たす事ができていない人たちが多くいます。

亜鉛にはどんな食品に多く含まれているのか見ていきましょう。

亜鉛を多く含む食品

肉類:赤身肉、豚レバー

魚介類:牡蠣、ホタテ、うなぎ、アワビ

大豆製品:納豆、高野豆腐

その他:アーモンド、ナッツ類

食品の中で1番多いのが、牡蠣(かき)やアワビで、一個あたり、3mgの亜鉛の量が含まれています。それ以外の食品は、牡蠣やアワビに比べたら亜鉛の栄養素が圧倒的に少なくなります。

このように、亜鉛は毎日多く摂取しづらい食品であり、亜鉛不足の人が多くいます。しかし身長を伸ばす上で欠かせないので、何らかの方法で亜鉛を摂取しなければいけません。

1番おすすめなのが、栄養補助食品としての亜鉛サプリメントを併用する事です。他の栄養素のたんぱく質やカルシウムは様々な食品から栄養を摂取できますが、亜鉛だけは、多く摂取できる食品が少ないからこそ、サプリメントを摂取するべきです。

おすすめな亜鉛は、DHCの亜鉛(1日一粒、亜鉛量15mg)か、小林製薬の亜鉛(1日2粒亜鉛量15mg)のどちらかを進めたいです。1粒や2粒で1日の推奨量を満たす事ができ高品質で安全安心の栄養補助食品です。

 原則③ 適度な運動

身長を伸ばすためには適度な運動をし、骨や筋肉に適度な刺激を与える事が重要になってきます。

適度な運動をする事によって、成長ホルモンの分泌を促し、身長の伸びと関係のある、「骨端線」刺激し、身長を伸ばしやすくするためです。

更に適度な運動は、睡眠の質を上げることができ、食欲アップにも繋がるので、身長を伸ばすための原則2つを効率良く満たす事もできます。

しかし、適度な運動の中でも、身長を伸ばしやすくする運動や、逆に身体の成長を伸ばしにくくなる運動もあるので、それぞれ見ていきましょう。

身長を伸ばしやすい運動

身長を伸ばしやすい運動は主にジャンプ系の運動、もしくは、身体を伸ばす運動です。例えば、

・バレーボール

・バスケットボール

・水泳

・ジャンプ

・ぶら下がり

・もも上げ

・縄跳び

などです。これらのスポーツや運動はジャンプ系や伸ばす系が多いスポーツなため、身長が伸びやすいと言われています。よく、バレーボールやや、バスケットボールをやっている人は身長が高い理由は、毎日ジャンプしているからかもしれません。

また、ストレッチなどの伸ばす運動も非常に効果的です。ストレッチは後に紹介します。

控えた方が良い運動

身体の成長を止めてしまう運動もあります。その例として、

・過度な筋トレ

・重量上げ(ベンチプレス・スクワットなど)

・ウサギ跳び

などです。

これらの運動は成長を止めてしまう恐れがあります。

その理由は、筋トレのやり過ぎや、重量あげなどは、体への負担が大きいため、逆に成長を止めてしまう可能性があるので控えましょう。

控えたい筋トレなどは後に紹介します。

身長を伸ばす方法【筋トレ編】

身長を伸ばす方法【筋トレ編】・身長を伸ばす筋トレ ・控えるべき筋トレ

筋トレをする事で、成長ホルモンの分泌の量が、通常に比べて何倍、何十倍も違ってきます。しかし、重量上げや、過度な筋トレは逆に身体に負荷がかかりすぎて成長を止めてしまうので控えましょう。

身長を伸ばす筋トレの方法とは、ダンベルなどを使った筋肉の1部を集中的に鍛える事ではなく、身体に負荷のかからない自重トレーニングです。

先ほども言いましたが、身長を伸ばすには、適度な運動が必要なため、自重トレーニングのような運動が理想的です。自重トレーニングは、ほどよく身体に刺激を与えられるため、適度な運動に適しています。

また、筋トレやトレーニング後には必ず栄養補給をして、疲労回復を疲労回復をしましょう。また、ストレッチをしないと筋肉が固まってしまいます。筋肉が固まってしまうと、身長の伸びが悪くなるとも言われています。そのため、トレーニング後のケアも欠かさず行ってください。

身長を伸ばすことが期待できる筋トレ

身長を伸ばすことができる筋トレは基本的に自重トレーニングで、自分の体重を利用します。

身長を伸ばす筋トレ一覧

・腕立て伏せ

・腹筋

・自重スクワット

・かかと上げ(カーフレイズ)

・けんすい

・プランク

これらの運動は自重で身体に負荷をかけられるトレーニング方法で、体全身を使うので身長が伸びやすくなります。

かかと上げのカーフレイズなどの、ふくらはぎを鍛える事により、足先から血液が循環し、緊張が緩和され全身の筋肉にまで供給する事ができるので、身長を伸ばしやすくします。

繰り返しになりますが、やってはいけない筋トレは、過度な筋トレと、重量を扱う物です。多少きついぐらいが1番丁度良いのです。

控えるべき筋トレ

筋トレで成長ホルモンは分泌されますが、逆に成長の妨げとなる筋トレも存在します。控えた方がい筋トレは方は、重量上げや、高重量のダンベル上げなどです。

控えるべき筋トレ一覧

・高重量のダンベルトレーニング

・重量スクワット

・デッドリフト

・ウェイトリフティング

これらの筋トレ法は、男性ならテストステロンが多く分泌されますが、身体への負担がかなりかかるので逆に身長を縮めてしまう可能性もあります。

身長を伸ばす方法【ストレッチ編】

身長を伸ばす方法【ストレッチ編】

身長を伸ばすには、ストレッチも非常に効果的です。

「ストレッチでほんとに身長って伸びるの?」と疑問に思うと思いますが、ストレッチをしたからと身長は伸びません。ですが、ストレッチをして、身長が伸びやすくなるように体を変えることは可能です。

なぜ身長を伸ばすにはストレッチが効果的なのかというと、ストレッチをする事で、正しい姿勢を手に入れる事ができ筋肉のほぐし、柔軟性を高める事によって、今まで硬かった筋肉が柔らかくなり、元の姿勢を取り戻す事ができるからです。またストレッチをすると、筋肉が伸びるのでストレッチをしていない体としている体では、伸びやすさが変わってきます。

どこの筋肉を伸ばしたらより身長を伸ばすのに効果的なのかというと、ふくらはぎもも前もも裏背中のストレッチを行うことです。これらの部位の筋肉をほぐしていき、硬い筋肉をほぐしていくことが身長を伸ばす上で大切です。

ストレッチを行うタイミングはお風呂上がりの10分後が理想的です。なぜかというと、お風呂に入った後は、通常時と比べて身体が柔らかくなっているからです。

とはいえ、お家などで暇な時間にできるのならば1日に数回行ってください。ストレッチはやればやるほど筋肉が柔らかくなっていきます。

(元々猫背の人や、O脚の人は、後にストレッチ方法などを解説しますが、猫背やO脚の人が身体を改善する事によって、身長をかなり伸ばす事が期待できます。)

それでは早速本題に入っていきます。ふくらはぎ、もも前、もも裏、背中に効果的で身長を伸ばしやすくするストレッチ法をそれぞれ見ていきましょう。

正座から状態を後ろに倒すストレッチ(もも前)

ももの前を伸ばす事によって、下半身の中でも大きい筋肉の柔軟性を高める事ができるのでももの前のストレッチを行いましょう。

もも前ストレッチのやり方

1.まずマットや布団の上に正座をしましょう。(床だと足を痛めます。)

2.そのままゆっくりと状態を後ろに倒し頭を地面につける(このときにふくらはぎは外側に置くようにします。)

3.1分キープ(呼吸はゆっくり行います)

4.できれば3セット行いましょう

体が硬い人は、頭が後ろの地面につかないと思うので、そういうときは、肘をつけても構いません。ストレッチを行う時の呼吸は基本的にゆっくりと行いましょう。

1セット終わったら2~3セット目もやるようにしましょう。1回目よりかは柔らかくなっている事を実感できます。

参考動画

(参照:YouTube ボディケアTVbyLAB)

長座体前屈(もも裏)

ももの裏の筋肉が硬いと身長は伸びずらくなってしまいます。ももの裏の筋肉をほぐしてあげる事により、骨盤の歪みを修整する効果があるので、姿勢を改善するためにも、もも裏のストレッチは重要になってきます。またもも裏のハムストリングスが硬いと、姿勢を崩しやすくなるためハムストリングスの筋肉は常にほぐしていきましょう。

長座体前屈のやり方

1.床またはマットに座り、足を伸ばします。

2.ゆっくりと前に倒します。(この時に背中は丸めず、骨盤から倒すイメージで行います)

3.限界までいったら止めます。

4.10~20秒キープ

5.3セット行います。

伸ばすときに必ず骨盤から倒すイメージで行いましょう。ただ背中を丸めるだけでは効果はありません。また、伸ばしたときに痛みを感じながらストレッチを行ってしまうと、かえって筋肉が緊張してしまうので、痛くなる直前の当たりでキープしましょう。できれば3セット行います。

長座体前屈いがいにも、ハムストリングスを伸ばせるストレッチはたくさんあります。例えば立った状態から手すりなどに足を載せて前に体重をかければハムストリングスが伸ばされます。色々方法はありますが、とにかくもも裏をストレッチし、ほぐしましょう。

参考動画

(参照:YouTube Japanese Yoga)

ダウンドックストレッチ(ふくらはぎ)

第二の心臓と言われている、ふくらはぎまたは、ヒラメ筋などを伸ばしてあげる事で、歩く際によく使われている部分であり、最も疲労が溜まりやすく、そのまま放置してしまうと、筋肉が固まりやすくなってしまいます。身長を伸ばすためには、筋肉を柔らかくし、ほぐしてあげなければなりません。

ふくらはぎをストレッチすることにより、血液循環も良くなり、下半身全体の血流を良くする効果があります。

ダウンドッグストレッチのやり方

1.まず四つん這いになり、手は肩幅、腰の下に膝をつけます。

2.お尻にかかとを付けた位置からお尻をゆっくり持ち上げます。

3.足裏を地面につけたままふくらはぎを伸ばします。(このときに背中はまっすぐです。)

4.1分ほどキープします。

5.3セット行います。

ダウンドッグを行う時に硬い人は、足裏を地面に全部付ける事が難しい場合は無理をしないでください。ダウンドッグストレッチは、ふくらはぎのストレッチの中でも1番効かす事ができるストレッチでもあります。

文字だけでは伝わらないという方は動画を参考にしてみてください。

参考動画

(参照:YouTube with)

キャット&カウ(背中:肩甲骨)

キャット&コウストレッチは、名前の通り、猫のように丸めたり、牛のように反らせたりするストレッチ法です。このストレッチを行う事によって、上半身の筋肉の柔軟にし、上半身全体の血流をよくする効果があるので、身長を伸ばす際に関連するストレッチです。また、この運動を行う事により、背骨や骨盤が正されて、自律神経を整える事もできます。

キャット&カウのやり方

1.四つん這いになり、手は肩の下、膝は腰の下に置きます。

2.息を吐きながら背中を上げ丸めます。(このとき目線はおへそです。)

3.息を吸いながら背中を反らせます(このときの目線は上を向きます。)

4.10回繰り返す。

5.3セット行ういます。

この運動を行う時のポイントは呼吸に集中することです。呼吸を意識することで、上半身の柔軟性を更に高める事ができます。10回繰り返すときのスピードはゆっくり行いましょう。補足ですが、キャット&カウは、椎間板の弾力を改善してくれます。そのため腰をスムーズに動かす事ができます。

分かりやすい動画もあるので参考にしてください。

参考動画

(参照:YouTube YMCヨガチャンネル)

身長を伸ばす方法【立ち方・歩き方・座り方】

身長を伸ばす方法【立ち方・歩き方・座り方編】

身長を伸ばすためには、立ち方、歩き方や座り方次第で、大きく変わってしまいます。今まで普通に生活をしていて、自分では立ち方、歩き方や座り方などは自己流に過ぎません。また、正しい姿勢を分かっていない人が大半です。姿勢が悪かったりすると、身体的にも良くないし、見た目も良くありません。また、姿勢が悪いとすぐに疲れてしまう身体になってしまいます。そうなると、歩きたくなくなったり、運動をしたくなくなってしまい、悪循環でしかありません。

そのためには、正しい姿勢をきちんと身につけましょう。正しい姿勢を意識するだけで、身長の伸びも良くなります。

身長を伸ばす立ち方

正しい立ち方というのは、背骨が丸まっていたり(猫背)、逆に腰が反りすぎてしまう姿勢ではありません。

正しい立ち方というのは、立ったときに、耳の後ろから、足のくるぶしまでが一直線になる姿勢です。この時に意識するポイントとして、肩の力は抜き胸をはります。それから、軽く下腹に力を入れるイメージです。また、肛門を閉めます。この姿勢を維持できれば、膝が伸び、腰は上がり、背中は伸びた状態を保つことができます。

自分の身体が一直線上になっていることが分からないという場合は、壁を利用して確かめましょう。

まず、壁に後頭部とかかとをつけます。その時にアゴを引いた状態にし、両肩も壁につけましょう。この姿勢を壁から離した時の姿勢が正しい姿勢と言えます。

正しい立ち方をする事により、正しい歩き方にも繋がります。

・胸を張り、肩の力を抜く

・軽く下腹に力を入れる

・肛門を閉める

・膝を伸び、腰を上げ、背筋を伸ばす

・耳からくるぶしが一直線上

身長を伸ばす歩き方

意外と正しい歩き方をしている人は少なく、自己流の歩き方をしている人が多くいます。がに股歩きや、内股歩きの人は注意しましょう。身長を伸ばすためには、正しい歩き方をしなければなりません。

ダラダラ歩いたり、背中が丸まっている状態で歩いてしまうと、むくみの原因や、太りやすい体質にもなり、身体の骨が歪んでしまうので、身長を伸びにくくなります。そのためには、正しい歩き方をマスターしましょう。

正しい歩き方のポイントとして、胸を張りしっかりとももを上げ、つま先を上げ、かかとから着地をします。その時に足の指を意識し、足の指全体で、地面を後ろに蹴り出すイメージで蹴り出します。手は自然な感じで振ります。アゴは若干上げ気味で歩く。

歩き方のコツとして、頭が天井にに吊されているイメージで歩くことで、正しい歩き方を自然と意識する事ができるので試して見てください。

悪い歩き方をしていれば靴の裏を見たときに分かります。悪い歩き方をしている人は、靴裏の外側や内側がすり減っている人です。逆に正しい歩き方をしている人は、靴裏のかかと部分がすり減っています。しかし、かかと部分がすり減りすぎている人もよくありません。このような人は、体のバランスも良くないので注意が必要です。

・胸を張り、ももを上げ、つま先を上げ、かかとから着地

・指全体で後ろに蹴り出すイメージ(手は自然、アゴは若干上げ気味)

・頭が天井に吊されているイメージで歩く

身長を伸ばす座り方

普段どんな座りかをしていますか?特に座っている時間が長い日とほど、正しい座り方ができていない場合があります。その理由は、疲れてくると、腰を浮かして座ってしまうからです。このような座り方をしてしまうと、背骨や骨盤が歪み、悪い姿勢になったり、腰を痛める原因となったり、疲れやすい身体にもなってしまうので注意が必要です。

身長を伸ばす座り方とは、正しい座り方で、骨盤を立てる座り方です。骨盤を立てるとはどういう事かと言うと、アゴを引き背筋を伸ばし、骨盤を立てて背筋をまっすぐにします。この時に、膝と股関節の角度が平行になるようにします。足裏全体を床につけます。

ポイントとして、座るときに、前かがみになり、お尻を椅子の1番後ろに当てる事です。こうすることで、自然と正しい座り方が身につきます。

この座り方をする事により、腰回りの筋肉も自然と鍛えられ、疲れにくい体になることができます。また、正しい座り方をする事により、身体の血流も良くなり、太りにくい体質になります。当然、悪い座り方に比べて、正しい座り方の方が、身長の伸びも良くなります。

・アゴを引き、背筋を伸ばし、骨盤を立てて座る

・膝と股関節の角度を平行にする

・足裏全体を床につける

・お尻は1番後ろに引き、前かがみ

身長を伸ばす方法【サプリメント編】

身長を伸ばす方法【サプリメント編】

「身長を伸ばすのにサプリメントを飲んでも全く意味がない!」

と、ネット上の1部で言われていますが、確かにサプリメントを飲んでいるだけでは、身長は伸びません。しかし、サプリメントを否定している人の多くは、「サプリメントに頼ってしまって、食事から栄養を摂取できなければ意味がない」と言ってているのです。

やはり1番は、カルシウムマグネシウムビタミンDたんぱく質亜鉛の5つの栄養素をバランス良く食べなければなりません。この5つの栄養が摂取できていなければ、サプリメントを飲んでも意味がありません。サプリメントはあくまで、栄養補助食品なのです。なので、普段からの食事では補えない栄養素を、サプリメントで補う形が基本です。

とはいえ、身長を伸ばすには、普段の食事で補えなかったら意味がないので、普段、補えない栄養素をサプリメントとして補いましょう。

身長を伸ばすサプリメント:単体の亜鉛

よく身長を伸ばすサプリメントで、色々な成分が高配合で含まれているものがありますが、亜鉛は、単体の亜鉛サプリメントを選びましょう。

その理由として、亜鉛の成分中途半端に配合されているより、亜鉛単体のサプリメントの方が、亜鉛の成分が多く含まれているからです。

亜鉛はどうしても食事からではなかなか補えないので、必ずサプリメントを併用しましょう。

先ほども言いましたが、亜鉛は、身体の骨や皮膚、肝臓を生成し、たんぱく質と亜鉛を一緒に摂取する事で、身体の新陳代謝が活性化されるので、身長を伸ばすためにより、重要になってきます。

亜鉛のサプリメントはたくさんありますが、どれも成分は変わらないので何を選んでも構いませんが、当サイトの管理人も飲んでいて、おすすめな亜鉛は、DHCの亜鉛か、小林製薬の亜鉛です。これらの亜鉛は、亜鉛の量が多く含まれていて、安心安全の商品で信頼性もあるので、亜鉛を買うならまずこの二つをおすすめします。

購入サイトリンク

 

身長を伸ばすサプリメント:シトルリン

シトルリンは身長を伸ばすために大きくサポートしてくれます。その理由は、シトルリンは、スーパーアミノ酸と言われていて、摂取する事により、身体の血流が良くなり、血管を拡張する働きがあります。また、疲労回復効果、筋肉増強効果、精力増強だけでなく、集中力や、記憶力向上が期待できるのです。

シトルリンは成長するために欠かせない栄養素であり、スポーツ選手やトップアスリートの人たちの多くが飲んでいます。なので身長を伸ばしたいのであれば必ず飲んでおきたいサプリメントである。

シトルリンのサプリメントも種類がたくさんありますが、シトルリンもシトルリン単体のサプリメントをおすすめします。

1番のおすすめはDHCのシトルリンサプリメントです。この製品は、シトルリンサプリの中でも非常に人気であり、安心安全な製品です。

購入サイトリンク

身長を伸ばすサプリメント:プラス10UP(学生向け)

この記事を見ている学生の方々に、ぜひプラス10UPを試していただきたいです。

その理由は、成長期補っておきたい、栄養素が豊富にそろっており、主に成長に最も必要な、カルシウムと、アルギニンが多く含まれており、更には、成長に欠かせないアミノ酸が18種類、野菜のスーパーフードである、「スピルリナ」が配合されています。

プラス10UPは成長期サポートサプリメントNo.1であり、飲んでみた学生さんたちには高評価で、リピート率はなんと90%以上で値段もお手軽価格ですので学生さんには間違えないと思いますので、ぜひ試していただきたいサプリメントです。

身長を伸ばすサプリメント:SENOBIX(成長期~大人)

SENOBIXはなんと、成長期の方から、大人までが対象の身長サプリメントである。身長を伸ばすサプリメントの多くは、子供の成長期サポートサプリばかりですが、SENOBIXは、成長期が終わり、大人になっても身長を伸ばしたいと思う人向けのサプリメントでもあります。

SENOBIXは、身体を成長させるために特化したサプリメントであり、成分は、亜鉛、ビタミン、ミネラル、ウコン、アルギニン、シトルリン、ザクロ、ガラナ、マカ、デキストリン、プラセンタエキスが配合されていますが、この成分の中でも最も多く配合されているのが、アルギニンです。

アルギニンを摂取する事により、成長ホルモンの分泌を促進させることができ、筋肉増強、免疫機能の向上、血流改善が期待できるので、亜鉛やシトルリンに続き、身長を伸ばすために重要な栄養素である。

SENOBIXの評判は高く、効果が実感できたという口コミが多くありました。また、このサプリメントは国内生産なので、安心して摂取できると思うので、成長期の人、または長期が過ぎた大人の方はぜひ試してみてください。

身長を伸ばす方法【アイテム編】

身長を伸ばす方法【身長を伸ばすアイテム編】

身長を伸ばす方法として、アイテムや器具を使って身長を伸ばしやすくする事はできます。身長を伸ばしたいと思ったときに、1度は「体を引っ張って身長を伸ばしたい」要するに、両手と両足首を2人に持って引っ張る事です。しかしこの方法は、最低でも2人以上は必要になってきます。

1人で自重で引っ張る事はできます。その方法として、「ぶら下がり」です。学校やジムや公園などにある、鉄棒や懸垂でぶら下がるだけで、身体を伸ばすことができるので、身長が伸びやすくなります。長時間ぶら下がっていたい所ですが、握力がなくなっていき、10秒ぐらいでダウンしてしまいます。そこで役立つのが、懸垂やトレーニングの握力をサポートする、滑り止めの、パワーグリップです。このパワーグリップを使えば、長時間鉄棒や、懸垂にぶら下がる事ができるので、とても便利です。

また、パワーグリップだけでなく、全身を伸ばすマシンなどがあるのでご紹介したいと思います。

身長を伸ばすアイテム:VERSOS(ベルソス)

ベルソスは、写真のように全身を伸ばしてくれるストレッチ器具です。この器具なら、1人でも全身を伸ばすことができます。また、この器具は、その人の身長に合わせることができ、レバーを引くと前方向に伸ばす事ができます。前方向に伸ばす事で、背中、腰、膝などの間接を引っ張る事ができるので、栄養などで根本的に伸ばす以外に、直接的に身体を引っ張りる事で数ミリ、数センチ身長を伸ばせることは可能です。また、身長を伸ばしやすくする腹筋トレーニングに変更可能になる器具です。

購入サイトリンク

身長を伸ばすアイテム:LPN ストレッチポール

スポーツ選手や、トップアスリートの多くが愛用している、LPN ストレッチポールとは、写真のように長く太い棒のような物です。ストレッチポールで何ができるのかというと、まずは身体の骨や筋肉の修整や、筋肉のほぐしなどに役立ちます。使い方は様々ですが、一つのやり方として、ストレッチポールにお尻から背中を乗っけて行うストレッチ方法です。

このときに手などを広げたりするストレッチ方法もありますが、基本的に何もしなくても効果が発揮されます。5分~10分乗っかるだけでも、行う前と行う後ではかなり身体的に変わってきます。その効果の一つとして、肩甲骨が床にべったりくっつくようになることです。少しの間乗るだけでも肩甲骨の歪みなどを修整する事ができます。また、ストレッチポールを使う効果として、猫背や剃り腰などが改善されたり、呼吸が深くなる効果なども見られます。

身長を伸ばすためには、まず身体の骨や筋肉の歪みを改善し、正しい姿勢を手に入れる事が重要です。そのために、LPN ストレッチポールは役立ちます。また、ストレッチポールは様々な商品がありますが、LPNのストレッチポールは、世界で活躍するアスリートの多くが使っており、素材も他のポールと比べて高品質で硬いので買うならLPNのストレッチポールがおすすめです。

購入サイトリンク

身長を伸ばすアイテム:Meidlan インソールシークレット 底上げ 身長アップ

インソールシークレットとは、靴下の下に履く厚底(かかと上げ)のような物です。この製品は、根本的には身長は伸びませんが、履ているときだけ身長が2~3センチアップします。インソールシークレットは、努力せずに身長を盛ることができます。しかもバレずに

女性などは、高いヒールなどを履いて身長を高くする事が出来ますが、周りから見て「ヒールを履いているから身長が高い」と思われてしまいます。ヒールとは限らず、厚底がある靴を履けば身長を盛ることが出来ますが周りにバレてしまいます。

しかし、インソールシークレットなら、普通の靴でも、バレることはありません。例え靴を脱いだ状態の靴下でも見えないのでバレません。なので、インソールシークレットは、身長を高くしていることをバレずに、一時的に身長を高く見せたい人におすすめな商品です。

身長を伸ばす方法:【O脚の人編】

身長を伸ばす方法【O脚の人編】

O脚の人は、その人の身体的な問題で仕方ないですが、身長を伸ばす際にもったいないです。O脚の人は本来まっすぐのはずの骨が歪んでしまっているので、修整すれば身長を伸ばすことは出来ます。また、原因を知る事が重要です。

原因の多くは、生まれつきの場合が多いですが、怪我による原因だったり、運動不足などによる、内転筋の筋力低下や、悪い姿勢や生活習慣が原因の場合もああります。これらが原因でO脚になってしまっているのであれば、改善していかなくてはなりません。

どのように改善するのかというと、ストレッチや運動などをして改善するか、アイテムを使って改善するかの2つです。今回は、O脚改善の運動と、O脚改善アイテムをご紹介します。

O脚はマッサージやストレッチ、運動で改善できます

O脚ではない人は見る必要がありませんが、自分O脚だなと思う方は見てください。

O脚は、手術などをしなくてもマッサージやストレッチ、運動などを続ければ簡単に治す事が出来ます。

(参照:YouTube with)

やり方は簡単で、立った状態でかかととかかとを合わせ、足は少し外側に広げます。その状態から腰を下ろすだけです。これを30回行います。

次に、まず立った状態から足を肩幅より広い場所に置き、腰に手を当てます。(この時に足は外側に向きます。)その状態からお尻を下げ、スクワットのように繰り返します。これを30回行って終わりです。

次に行う運動は、内ももを鍛える運動です。O脚の人の原因で、運動不足などにより、筋力が低下してO脚になるというケースがあるため、内ももの筋力を鍛える事が重要です。

やり方は、横寝になり、腕を立たせます。このときに身体はまっすぐになるようにします。この状態から、地面に設置している方の足を上げ下げをするのを30回繰り返し、反対の足も行います。

やり方がいまいち和からに方は動画の方が分かりやすいので参考にしてみてください。

・足を正しい位置に矯正させる運動をする事が重要が改善に繋がる

・矯正した足を支えるための筋肉を鍛える事によりより改善に繋がる(特に内もも)

O脚を改善させるアイテム:O脚矯正インソール

 

O脚を改善するためには、O脚矯正インソールを使う事で直ります。O脚矯正インソールとは、O脚の足を元の位置に戻すための靴べらです。「本当に靴べらでなおるの?」と思うかもしれませんが、毎日外出時に使えば治す事が出来ます。靴べらのかかと部分を内側の向けて斜面上にする事により、O脚で外側に向いた状態を内側に矯正する事が出来ます。

他にもO脚矯正アイテムはありますが、O脚矯正インソールは、外出時の、歩くだけで、改善する事ができ、値段もお手軽価格の物が多いのでおすすめです。また、O脚が改善できれば、確実に、数センチは身長が伸びるのでO脚の人で身長を伸ばしたい人は、必ず改善するべきです。

購入先リンク

身長を伸ばす方法【猫背の人編】

身長を伸ばす方法【猫背の人編】

猫背の人が猫背を改善すれば、確実に身長を伸ばすことが出来ます。そもそも猫背の人は、元々の身長が高くても小さく見えるので損しています。また、姿勢が悪いとその人の印象が悪く見えてしまったり、腰痛になりやすくなったり、ぽっこりお腹になったり、疲れやすくなったりと、健康面でも悪影響を与えてしまいます。なので猫背の人が、姿勢を改善する事が出来れば、今より全然身長が高く見えます。

とはいえ、猫背の人が猫背を治そうと思っていても、クセになってしまっているので直りにくいのものです。なので猫背を改善するには、猫背改善運動や、猫背を改善するアイテムなどを使う必要があります。

猫背を改善する運動や、改善アイテムは、色々なりますが、今回はその中でも1番おすすめな運動やアイテムを紹介します。

猫背を改善する運動

猫背を改善する運動の一つとして、背中が曲がっている状態を反対側に反らす動作を繰り返す事で、猫背が改善する事が出来ます。また背中を支える筋肉を鍛えてあげる事で、その姿勢を保つ事が出来ます。

文字でやり方を説明すると、うつ伏せになり、両手を前に置いた状態で10秒~30秒キープします。この状態を作る事により、背中が反った状態になります。

更に手を離し、両手を横に持ってきます。その状態から胸を上げ10秒ほどキープします。要するに、背筋トレーニングみたいな感じです。この運動をする事により、腰、背中の筋肉を鍛えることができ、正しい姿勢を保つための支えになり、長期的にみて、猫背が改善されます。

やり方がいまいち分からなかった人は、動画を参考にしてみてください。

(参照:YouTube TAKT EITO)

・猫背を改善するには、腰、背中を反らす運動、ストレッチが重要

・更に長期的に見て、猫背を改善するには、腰、背中を支える筋肉を鍛える事で正しい姿勢が保てる

猫背を改善するアイテム:姿勢・猫背修整ベルト

猫背を改善する方法として、姿勢を矯正するベルトを着用する事により、猫背を治すことができます。姿勢矯正 猫背矯正ベルトとは、名前の通り、姿勢を矯正するためのベルトです。使い方は簡単で、両脇に通して着用するだけです。

 

姿勢矯正ベルトを着けるだけでも、元から猫背の人なら通常の2~5センチアップする事ができます!

矯正と言っても、素材はゴムで伸びる素材となっているので、自由に動く事が出来ます。このベルトを着けることにより、背中が丸まるのを防いでくれます。また長期的につけているだけで、猫背だった姿勢が自然と背筋が伸びた正しい姿勢に戻すことが出来るので、猫背の人は、使ってみるのもひとつの手段です。値もお手軽価格で、家でも外でも付けて生活ができるのでぜひ使ってみてください。

購入先リンク

身長を伸ばす方法【豆知識】

身長を伸ばす方法【豆知識】

身長を伸ばすためには、身長を伸ばす、筋トレやストレッチ、歩き方、座り方、サプリメントを紹介してきました。また、身長を伸ばすためには何より、睡眠、栄養、適度な運動が最も重要という話を解説してきましたが、これから紹介するのは、知ってそうで知らない身長に関連する情報を公開していきます。

身長を伸ばすには毎日太陽を浴びた方が良い

身長をのばすにはなぜ毎日太陽を浴びた方が良いのかというと、太陽を浴びることによって、体内でビタミンDが生成されるからである。

1番最初らへんでお話しましたが、身長を伸ばすには栄養が重要な栄養素は5つありますが、その中にビタミンDも含まれています。ビタミンDを摂取する事によって、骨を丈夫にする作用があったり、免疫機能を調整する役割があります。またビタミンDはカルシウムの栄養素の吸収を促進してくれる役割があるため、身長を伸ばすためには欠かせない栄養素である。

では太陽にどのぐらい当たればビタミンDが補えるのかというと、30~1時間ほど外にいるだけで、ビタミンDが皮膚を通して作られます。また日光を浴びると、セロトニンが分泌され、ストレス解消、集中力アップが期待できます。

ですので、骨の成長や健康のためにも家に引きこもるのではなく、少しでも外に出るよう心がけましょう。

かかとハンマーをすれば身長を伸ばせる節

かかとハンマーとは、足裏のかかとをハンマーで叩く事である。

ネット上では、「かかとハンマーしたら身長がのびた!」という情報が意外と多くあります。

なぜかかとハンマーが身長を伸ばす上で有効なのかは根本的には分かりませんが、多分、足に刺激を与える事によって、骨が強くからです。身長を伸ばすためには、適度な運動が必要というお話をしましたが、なぜ必要なのかを簡単に言うと、骨が刺激されれば、体が強い骨を必要とし、成長するからである。なので運動しない人には、運動しないなりの骨が作られ、運動で刺激されれば強い骨が作られます。かかとハンマーは、運動はしませんが、骨に直接的に刺激が与えられるため、骨が勘違いして骨を強くすると言っても良いでしょう。

とはいえ、かかとハンマーは強くやり過ぎると、痛いし、骨が変形してしまうので程よい刺激を与える事が重要です。

立っている時間が長ければ身長が伸びる

立っている状態が長ければ長いほど身長は伸びやすくなると言われています。なぜかはあまり分かりませんが、普段学校や仕事をしていれば、座っている状態が多くなると思います。立っているより、座っている方が楽ですよね?しかし、座っていては、ほとんど筋力を使うことはありません。また、座っていると、立っていつ時より、身体に巡る血流が悪くなります。

逆に、立っている状態が多いと、座っている状態より、筋力を使いますし、身体の血流の巡りも良い状態になるからこそ、立っている時間が長ければ身長が伸びやすくなるのだと思います。

21歳の時に1年半で身長が27センチ伸びた人がいる

普通は18歳で成長期が終わる時期であるが、中には21歳なのに1年半で27センチ伸びた人がいます。その人物の名前は、マクトミネイと言い、イングランド出身のマンチェスターユナイテッド所属のプロサッカー選手である。彼は、2018年の21歳の時の身長は168センチであり、2020年の23歳なった頃には身長195センチまで成長しました。計算すると27センチ伸びたことになります。なぜここまで成長したのかは分かりませんが、決してドーピングや手術をしたわけではないとの事です。マクトミネイによると、「ジムでの筋トレにハマったからである」と言っております。細かい詳細は公開されていません。

マクトミネーは日本人ではないですが、このように、例え身長が小さく、成長期が過ぎた頃であっても、生活を変えてみたり、努力次第で身体は変えられるという事が分かると思います。なので、今回紹介した方法を行えば成長期が過ぎても確実に身長を伸ばすことは出来ると思います。

それでも伸び悩んでいる方へ

今回紹介した方法すべてを試して見ても1センチも伸びないという方は、そもそも試した期間が短かかったり、人間の伸び率を知らないか、手術をおすすめします。

身長を伸ばす方法を行えば確実に伸ばせることは出来ますが、成長期が過ぎていればそれなりの時間がかかります。人それぞれ個人差はありますが、人間の成長期で1番ピークと言われている時期は、女子は10~12歳の頃で1年間で伸びる平均は、約7.3センチで、男子は12~14歳の頃で1年間で伸びる平均は約8.6センチです。そう考えると、成長期がピークの時であっても1ヶ月に1センチも伸びていないのです。

よくサプリメントサイトの口コミいる人で、「身長を伸ばすサプリメントを1ヶ月試したけど全然伸びない!うそじゃん!だまされた!やってらんね!」という人がいますが、1ヶ月、2ヶ月続けたからといって劇的に変わるはずがありません。

なので、成長期を過ぎた人で、「よし!身長を伸ばそう!」といって、1ヶ月間、フルで頑張ったとしても根本的に伸ばす事はなかなか出来ません。成長期が過ぎた人で目指すべきは、半年もしくは1年立って数センチ伸ばすイメージを持ちましょう。そうでなくては、身長を伸ばそうと努力を始めてもなかなか結果が出ないと思い込んでしまって、諦めてしまうからです。

身長を伸ばすためには、身長を伸ばすための方法を長期的に試してやっと結果が出る事なので、急いでも意味がありません。半年後もしくは1年後などにようやく身長が伸びている事に気がつきます。

その時に「続けてこれて良かった」と思えるのか、「続ければ良かった」と言って、また再開するのでは、絶対に「続けてこれて良かった」と思えるように、努力をし続ける事が1番の近道だと思います。

そんなに急ぎで身長が欲しいのであれば、「骨延長手術」、「速成延長術」、「レイトン手術法」、「プリサイス」などを気にかける事をおすすめします。

まとめ

今回は、身長を伸ばす方法を【筋トレ編】【ストレッチ編】【立ち方・歩き方・座り方編】【サプリメント編】【アイテム編】【O脚の人編】【猫背の人編】【豆知識】に分けて紹介しましたが、やはり忘れていけないことは、睡眠栄養適度な運動です。この3原則が出来てこそ、次のステップとして、サプリメントだったりストレッチを加えていきます。そうする事で間違えなく身長は伸びるはずです。しかし、先ほども言いましたが、そんなに早く身長は伸びるものではないのです。成長期が過ぎた人ならば半年、1年後に数センチ伸びる事を見通しましょう。

この記事にたどりついた人あなたは、身長を伸ばしたい理由があるからだと思います。そのロ有の多くは、「身長が小さいと恋愛やスタイルにおいて不利」という理由だったり、「バカにされる」などの理由や、「スタイルが良くなり、見た目を良くしたい」だったり、「スポーツで生かしたい」などの理由やコンプレックスがあるからだと思います。

身長も筋トレやダイエットのように、努力次第でいくらでも変わる事ができ、成果も必ずでると思うので、頑張って自分を変えていきましょう。






 

-身長
-

Copyright© Yブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.