サッカー

【CL】19/20前回王者リヴァプールがアトレティコの負けた敗因

こんにちは、やまえブログです。

僕は、小学校から高校までサッカーをしていた、サッカー大好きマンです。

今回は、欧州チャンピョンズリーグ19/20シーズン、ラウンド16の1stレグ2nd レグでの戦いで、アトレティコ・マドリードが、前回大会の欧州チャンピョンズリーグで前回王者、リヴァプールに(5-4)での歴史的勝利で、ラウンド8へ進みましました。

またリヴァプールはリーグ戦負けなしであった。試合内容からしても、誰もがリヴァプールが勝つ!と思っていました。僕もアトレティコは勝てないと思っていました。

今回は、1st leg、2nd legそれぞれの試合の結果やスタメン、戦術などを分析していきたいと思います。



2020年2月18日・1stレグ試合詳細 アトレティコ、ホームゲーム

アトレティコ・スタメン 4-4-2

 

監督:ディエゴ・シメオネ

GK 13:ヤン・オブラ

DF 24:ヴルサリコ 15:ステファン・サヴィッチ 18:フェリペ 12:ヘナン・ロディ

MF 6:コケ 5:トーマス・パーティ 8:サウール 11:トマ・ルマール→(ハーフタイムからジョレンテに交代)

FW 9:モラタ(70分、ヴィトーロに交代) 10:アンヘル・コレア(77分、ジエゴ・コスタと交代)

サブ

GK:アダン DF:ヒメネス、アダン MFエルモソ FWジョレンテ、ヴィトーロ、ジエゴコスタ

リヴァプール・スタメン 4-3-3

監督:ユルゲン・クロップ

GK 1:アリソン

DF 66:アレクサンダー・アーノルド 12:ジョー・ゴメス 4:ファン・ダイク 26:ロバートソン

MF 3:ファビーニョ 14:ヘンダーソン(80分、ミルナーと交代) 5:ワイナルドゥム

FW 11:モハメド・サラー 9:ロベルト・フィルミーノ 10:サディオ・マネ(ハーフタイムにオリギと交代)

サブ

GK:アドリアン DF:マティブ MFミルナー、チェンバレン、ケイタ FW南野、オリギ

試合結果

結果

アトレティコ・マドリード 1ー0 リヴァプール

得点者

アトレティコマドリード (4分)サウール

チーム別データ

アトレティコ チーム リヴァプール
シュート数
枠内シュート数
27% ボール支配率 73%
276 パス回数 726
67% パス成功率 85%
11 ファウル数 13
イエローカード
レッドカード
オフサイド
コーナーキック

3月11日2ndレグ試合詳細 リヴァプール、アンフィールドでのホームゲーム

リヴァプール・スタメン 4-3-3

監督:ユルゲン・クロップ

GK 1:アドリアン

DF 66:アレクサンダー・アーノルド 4:ファン・ダイク 12:ジョー・ゴメス 26:ロバートソン

MF 14:ヘンダーソン(105分にファビーニョに交代) 15:チェンバレン(82分、ミルナーに交代) 6:ワイナルドゥム(105分、オリギと交代)

FW 11:モハメド・サラー 9:フィルミーノ(113分、南野と交代) 10:サディオ・マネ

サブ

GKロナーガン DFマティブ MFファビーニョ ミルナー ララーナ FWオリギ、南野

アトレティコ・スタメン 4-4-2

監督:ディエゴ・シメオネ

GK 13:ヤン・オブラク

DF 23:トリッピアー (90分、ヴルサリコと交代)15:サヴィッチ 18:フェリペ 12:ヘナン・ロディ

MF 10アンヘル・コレア(105分、ヒメネスと交代)6:コケ 5:トーマス・パーティ 8:サウール

FW 19:ジエゴ・コスタ(56分、ジョレンテと交代) 7ジョアン・フェリックス(103分モラタと交代)

サブ

GK:アダン DFヒメネス ヴルサリコ MFジョレンテ、カラスコ、ルマール FWモラタ

試合結果

結果

リヴァプール 2ー3 アトレティコ・マドリード

1stレグ・2ndレグ トータル

リヴァプール 2ー4 アトレティコ・マドリード

得点者

リヴァプール (43分)ワイナルドゥム (94分)フィルミーノ

アトレティコ (97分)ジョレンテ (105+1分)ジョレンテ (120+1分)モラタ

チーム別データ

リヴァプール チーム アトレティコ
34 シュート数 10
11 枠内シュ-ト数
72% ボール支配率 28%
854 パス 363
83% パス成功率 58%
17 ファウル数 17
イエローカード
レッドカード
オフサイド
16 コーナーキック

前回王者リヴァプールがアトレティコに負けた敗因は全部で5つ




 

リヴァプールが負けた敗因1:リヴァプールの決定力不足・アトレティコは少ないチャンスをものにした

ファーストレグでの試合では、両者とも、アトレティコ7本、リヴァプール8本ですが、リヴァプールの枠内シュートは0本で、8本が枠外である。また、セカンドレグでは、シュート数34本で、得点が2点であった。

それに対して、アトレティコは、決定機を決めれる、決定力が勝利へと導いた。ファーストレグでのボール支配率は、アトレティコが、27%に対して、リヴァプールは73%である。このデータから分かることは、ほぼリヴァプールがボールを保持していたことが分かる。そしてアトレティコは前半4分にコーナーキックの1チャンスを物にした。

また、セカンドレグでも支配率はリヴァプール72%、アトレティコ、28%と圧倒的にリヴァプールがボールを保持している。シュート数もリヴァプールが圧倒しているが、得点数はアオレティコの方が上だ。

アトレティコは、セカンドレグの後半、攻め続けられている中、後半ロスタイムにフリーキックのチャンスを得て、ゴールを決めました。しかしオフサイドであった。あれがオフサイドでなかったら、さよなら勝ちでアトレティコが勝利していた。

アトレティコは少ないチャンスをものにでき、決定力があったからこそ勝てた。

リヴァプールが負けた敗因2:アトレティコの堅い守備からのカウンター

アトレティコのシメオネ監督のフォーメーションは、4-4-2のフラットである。守備時はコンパクトに引いて、守備をするのがアトレティコの守備である。

攻撃は、守備で奪ったボールを、相手が前線に残っているのを狙って、カウンターで攻める。

今回のベスト8での試合では、ほとんどリヴァプールがボールを保持し、守備も安定していた。そのため、アトレティコも無理に攻撃ができなかった。

しかし、中央がとにかく堅く、裏のケアがしっかりしていて、リヴァプールのボールポゼッションも、外回しになり、クロスからのシュートしか狙えなかった。シュートはたくさん打てているが、決定機を作らない、シメオネの戦術は勝利へと導いた。

リヴァプールが負けた敗因3:アリソン不在

リヴァプールの正ゴールキーパー、身長191センチ、背番号1番のアリソンが、怪我のため、離脱していた。アリソンは、前回大会のリーグ戦では2位、チャンピョンズリーグで、優勝へと導いたゴールキーパーである。また、ブラジル代表の正ゴールキーパーでもある。リヴァプールに移籍したのは、2018年で、ゴールキーパー歴代1位となる、6250ユーロの移籍金で加入した。

そんなアリソンは、大事なチャンピョンズリーグベスト16で不在であった。

そこで、リヴァプールのサブである、アドリアンをスタメンで起用した。アドリアンは、セカンドレグの延長戦で、2-1でリードをしていた時に、自陣からのパスミスで、ジョレンテに同点弾をやられてしまった。アリソンなら、リスクを負わずに処理していたと思う。とはいえ、アドリアンはアリソンがいきなり怪我で離脱し、試合事態の経験も少なかった。今回のミスを次に生かして欲しいですね。

 

リヴァプールが負けた敗因4:ジョレンテが化け物

マルコス・ジョレンテは、1995年生まれの25歳である。ジョレンテは元々レアルマドリード所属で、2019年6月20日にアトレティコへと、5年契約を結んだ。身長183センチ、右利きでミッドフィルダーの選手である。

セカンドレグに、シメオネ監督は、後半56分にジエゴ・コスタと交代し、ジョレンテを投入。シメオネ監督の読みが当たりました。

ジョレンテは延長前半の97分にアドリアンのパスミスから、ジョアンフェリックスからのパスをペナルティーエリア外から、2タッチ目でシュートを狙いゴール。

ファーストタッチの置き場所が見事だった。さらに延長前半アディショナルタイム、アトレティコの自陣でのボールカットから、カウンター。モラタが運びジョレンテへパス。そこから1人交わし、シュートでゴール。さらに、延長後半アディショナルタイムに、ジョレンテが中央でボールを持ち、モラタにスルーパス。モラタがドリブルで運びシュートを放ちゴール。

ジョレンテの活躍 途中出場、2得点、1アシスト

 

リヴァプールが負けた敗因5:アトレティコはとにかく粘り強くリスクを背負わない

アトレティコマドリードはの守備はとにかく粘り強く、リスクを背負いません。

シメオネ監督は、4-4-2で攻撃時に、両サイドハーフをと、両サイドバックを無理に上がらせません。無理に上がってしまうと、中盤や、サイドにスペースを与えてしまいます。そのため、常に4-4-2の陣形を保ち、スペースを与えません

また、攻撃の時に歩ゼッションではなく、カウンターで仕掛けます。このときに、すぐに縦パスするのではなく、いったんサイドにボールを預けて、FWにパスを出します。

この理由として、縦パスをすると、相手にインターセプトされたときにピンチになります。そのため横パスをし、サイドで失ってもピンチになるリスクはありません。

アトレティコの主な得点源として、カウンター、セットプレーです。この2つでシュートまで持ち込めなかったらゴールは生まれません。ですがその分守備でのリスクが減ります。

逆に自分たちがボールを保持する方がリスクになってしまいます。そのため、攻撃は手数をかけずに攻めます。相手にボールを持たせた方が、より安全で、相手にすきができた所を狙います。

手にボールを持たせて、ゲーム運びをする。これがシメオネの戦術である。

これを90分間、あるいは120分間、粘り強く戦いぬきます。

その結果、相手の攻めのパターンは限られてきます。クロスで合わせるか、ロングシュート。これを決められない限りはアトレティコは失点しません。攻撃では、数少ないチャンス、決定機をものにできる。これこそが、前回王者リヴァプールに勝てた理由の1つである。

また、この試合のアトレティコの選手たちは、審判にカードをもらっても、無駄な抗議はしませんでした。また、相手選手に、あおられたり、悪質なファールをもらっても、熱くなることは一切なかったです。

これもシメオネ監督に指導されている事だと思います。無駄な抗議をしている間にリスタートでやられたり、相手に熱くなって、暴言を吐いたり、悪質なプレーでカードをもらっていては、それこそがリスクになります。このことも含めての、歴史的勝利だと思います。

ベスト8の試合が非常に楽しみです!

アトレティコマドリードを応援しよう!

 




-サッカー

Copyright© Yブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.