勉強 学生

【2020年版】エクセルの基礎を学ぶには独学が1番身につきます!

男性
Excel(エクセル)を勉強しようと思っているんだけどどの方法が1番身につくの?エクセルが身につく教材があれば知りたい。エクセルって独学でもやっていけるの?独学でもエクセルの基礎が身につく勉強方法を知りたい。

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

・エクセルは独学が1番

・エクセルの教材と言ったらこれ

この記事を書いている僕は、高校の時にエクセルの検定、情報処理技能検定の3級の資格を取得しました。

エクセルの知識を学ぶことによって、色々な場面で役に立ちます。これからの時代はパソコンやインターネットが今よりさらに伸びていきます。そのために、エクセルは,、パソコンの基礎が知れるのでやっておくと良いかもしれません。

Excel(エクセル)の基礎を学ぶには、独学が1番身につきます



Excel(エクセル)は独学で学ぶのが良い理由

フラットアイコン素材

今現在の日本の教育では、パソコンの授業などで、エクセルの授業が取り入れられている学校がたくさんあります。商業高校校や、商業の専門学校、大学に限らず、義務教育でも取り入れられるぐらいになりました。

今現在の30代や40代の人は、今の養育とは違って、義務教育ではパソコンをやってないことが多いと思います。なた、商業高校でさえ、パソコンが使えなく、エアーでキーボード練習をしていたぐらいです。それが今では、小学生から、お年寄りまでインターネットや、パソコンに触れる時間が増えてきました。

なぜそんなにパソコンが大事になってきているのかというと、今後さらにインターネット社会になってくるからです。

インターネットが便利だからです。今後もさらに伸び続けます。

職によってはパソコンを使わない場合もありますが、ほとんどの仕事がパソコンに触れているはずです。

ですから、少しでもパソコンを理解するために、学校や職以外でも、パソコン教室など色々普及してきています。

そんな中、独学が良い理由は以下の理由です。

メモ

・集団だと進みが遅い

・集団だと分からなくなったらおいてかれる

・質問ができるのが限られてくる

・独学は、自分のペースで分からなかったらググれる。

・コストがかからない

学校や集団だと、先生が1人の場合が多く、なかなか、1人1人のペースに合わせることができません。そのため、分からなくなったら遅れたり、進みが早くて理解できない場合があります。また、質問ができるのも限られています。学校や、パソコン教室は、時間が限られていて、この時間までには、このぐらい進めなければいけないという風に、無条件で進めていきます。結局理解できず、「難しいよ」で終わってしまいます。

それに対して、独学はテキスト1冊で、自分のペースでできるから、十分に理解しながら進められます。分からなかったら、ググれば一発で解決できる時代です。

また独学は、学校やパソコン教室のように大胆にお金がかかりりません。だからこそ独学をオススメします。

Excel(エクセル)を身につけるとどうなるのか?

フラットアイコン素材

Excel(エクセル)を身につけるとこのような事ができるようになります。

必要なモノ

  • 文書作成
  • 表の作成
  • 図形の作成
  • グラフの作成
  • データベース
  • データ分析
  • プログラミング

この7つが主にできる事です。

なんとエクセルで文章が作成できちゃうのです。、あた、グラフ作成はもちろんのこと、図形や、フローチャートなどを作成する事ができます。

エクセルの最強な所は、オートサムや、関数などで数字やデータなどをボタン1つですべて計算されます。こんな個ウルツが良いことはありません。

例え、1000人のデータだろうが、エクセルを使えばデータを分析し、ランキングにしたい場合も(RANK)という関数を使えば1000人のデータをボタン1つで1~1000まで順位を付けることが可能です。Rank以外にも、データの最大値(MAX)や、最小値(MIN)、データ全体の平均を出したい場合は(AVERAGE)と言う関数を使えば1発でデータをまとまられます。

Excel(エクセル)で取れる資格

フラットアイコン素材

エクセルができるようになると、検定を受け、資格が取れるようになります。

エクセルで取れる資格

・Microsoft Office Special(MOS)

・日商PC検定(データ活用)

・エクセル表計算処理技能認定試験

・パソコン検定技能Ⅱ種試験

・文書処理能力検定(表計算)

・情報処理技能検定試験(表計算)

これらの検定に合格すると就職などにも有利になれます。(MOS)なんか取れれば、一流企業に行ける可能性が広がります。

それ以外の資格を取れれば学生などは、大学入試で有利になったり、バイトなどの履歴書に書けるので、これも有利になります。

持っていることには損は絶対にありません。一生の財産になるでしょう。

女性
僕は、高校の時に情報処理能力検定3級を受けて合格しました。この検定3級は、初心者からある程度エクセルを理解すればすぐに合格できると思います。準2級、2級とかになってくるとかなり難しくなってきます。

Excel(エクセル)が学べる教材・参考書と言ったら絶対これ!

Microsoft Excel 2019 基礎 よくわかる

Excelを独学でやるとしたらこれ1冊あれば基礎が十分学べます。また、Excel、パソコンの参考書と言ったら、FOM出版が1番です。

口コミもかなり良く、これで学べば検定に受けられるぐらいに成長できる内容です。

(Microsoft Excel 2019 基礎 よくわかる)は独学に向いている

このテキストは、FOM出版の教材で、独学に向いていて、分かりやすく勉強できます。

内容は詳しく公開できませんが、Excelの画面上に沿って説明されていて手順が分かりやすいです。

もちろんExcelのボタンの機能も知る事ができます。

例えば、表作成をするときに、Excelを起動する所から、表が完成するところまで、画像や、説明が細かくされています。

先生がいなくても、十分理解できる参考書です。これ一冊でかなり成長できると思います。

基礎が分かったら応用もある

Excelの基礎は、基礎編で十分学べます。ですが、基礎が分かれば応用だってできるようになります。

応用ができるようになれればExcelが楽しくなるので応用もやって見ましょう!

Excelは思ったより簡単です

初心者からすれば、パソコン自体難しいかも知れませんが、実は簡単です。

検定とかでは、Excelの内容を知っていても、スピードや、タイピングスキルが重要になってきますが、Excelを理解するのは、初心者でも簡単と言っても良いでしょう。

もしタイピングのスキルもつけたいという人は、【寿司打】がオススメです。これを何回も積み重ねるうちにタイピングが早くなります。気になった方はやってみてください!

打つスピードが無くたって、表の作成、グラフの作成や、データ分析などをするのはスピードは関係なく、Excelを理解していれば問題ありません。

女性
僕も最初は初心者でした。ですが、Excelは、普通の暗記に比べて覚えやすいのですぐに上達すると思います。

まとめ

Excelを学ぶことで、表の作成や、データ分析できるようにり、ランキングや、平均を出せるようになれます。

Excelは、学校や、パソコン教室ではなく独学がオススメです。独学は、自分のペースでできて分からなかったらググれます。また、コストがかからないので凄くオススメです!

オススメ記事

【2020年版】ワードの基礎を学ぶには独学が1番身につきます!




-勉強, 学生

Copyright© Yブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.